真田丸

捕鯨「う゛う゛にぃ~…コラぁアアアアアア!!」
屋上の人「キャアアアアアアアアアアアアアアアア」
捕鯨「なにやってだ~~~~~~~~!!なにやってだ~~!」
(ここで少年の前に移動、両手でピースを作りながら)
捕鯨「なにやってだ~wwなにやってだあああwwwほげええええええええwwwwww」
小太りの少年、ポカーン
捕鯨「なーにやってんだあ!真田丸の時間だぞゥ!エェ?」
少年「○※□?☆来ちゃった」
捕鯨「何ィ?」
少年「観たいけど来ちゃった」
捕鯨「観たいかったら家でテレビを見ろォー!」
少年「DVDに入ってるから大丈夫(ニッコリ」
捕鯨「録画じゃなくてテレビを見ろ!花火中止ィ~!宴会中止ィ~!(両手を振りながら)」
捕鯨「何で見てな、うまそうじゃないデスかぁコレェ…あスイマセンつくねコレ?つくね?」(つくねをパクーする)
少年「(片手を差し出し)受信料」
捕鯨「受信料ぉ?受信料じゃない、それよりも真田丸を観ろって言ってんだよ!何で観てないんだよ真田丸ぅ?」
少年「いいじゃん、いつも観てるいつも観てる」
捕鯨「見なくてもいいじゃん♪ って、ふざけるなぁ~!」
捕鯨真田丸の時間だああああああああwwwwww」
ここで例の音楽スタート(捕鯨、曲間違える

 

三谷幸喜が脚本、堺雅人真田信繁山本耕史石田三成……

うわあこれは新撰組ですね、間違いない。

 

真田丸、はっきり言って面白いです。順調すぎる滑り出しです。

そもそも大河は最序盤はそれほど盛り上がらないものとここ10年相場が決まっていたのですが、最初からがっちり視聴者の目を惹きつけてます。

去年が散々なアレだったので色々と期待を集めていたとはいえ、これはいい意味での裏切りです。

 

 

☆ここがすごいよ真田丸

草刈正雄がすごい。

真田兄弟の父、真田昌幸役の草刈正雄、老獪な演技(昌幸はこの時点でまだ30代だけど)が素晴らしく、シリアスなシーンとちょっと調子を外した笑いを上手く混ぜ合わせ、切り替える演技がぴたりと役にハマっています。正直この人がいなければここまで順調にはならなかったかも。

面白い大河は主人公の父親が存在感を示すものだけど、もう十分すぎるほど。

かなり後半まで登場するはずだから、まだまだ楽しめそう。

 

②子役時代がない

大河の序盤が退屈というかちょっと盛り上がらない要因、子役時代。

歴史上の有名人物は幼少時代もエピソードがあるし、土台として必要だし、その時代のほかの人物にスポットあてたりできるんだけど、だいたい資料が乏しくて脚色だらけでいかにもテンプレな小話が中心になってダレてしまう。

今回は最初から堺雅人。それでも15才くらいの時期だからちょっと無理があるんだけど、この年齢からスタートは最近でもかなり異例。おそらく時期的に武田家滅亡から始まるのが演出として最適と考えたんだろう。これは尺的にも正解。

 

③省略が上手い

信玄時代は回想ですらほぼ触れず、信長もワンカット登場して本能寺、秀吉はまだ登場しない。

あくまで真田家を中心に史実を追う形で、無理に有名どころの出番を作らないところが素晴らしい。最近のグダグダ大河はことあるごとに主人公を無理やり有名武将と絡ませた(シエとか典型)せいで嘘臭くなったり尺が足りなくなった。それがすっきりと解消されている。

そもそも周知のエピソードを主人公と絡みもないのにわざわざ尺を割く必要がない。

でもそういう判断は、視聴者側はともかく大河を作る側ではなかなかできないものだからちょっとびっくりした。

それでいてラスボスとなる家康や後々縁が深い徳川家はしっかりと描いているのも見逃せない。

 

とまあ急いで挙げても結構ちゃんと挙げられる。

べた褒め気味だけど、堺雅人大泉洋の演技は二人が色々露出が多かったのもあって先入観が消せず、まだちょっと軽い感じもする。そりゃ実質少年役だから難しいだろうが。

三谷脚本だけあってギャグというかコメディ的な下りは必ず入れてきてるけど、これから先の配分次第ではギクシャクする可能性もある。

 

ただ今のところ昌幸と家康、狐と狸の両名が素晴らしすぎて不安は消えてしまう。

今週の遠藤憲一の景勝に続き、来週は高嶋政伸の氏政がゲス顔、そして小日向秀吉。

今からでも遅くないから真田丸を見ましょう。

 

ライトノベル:やはり凛子の初恋は俺だったようだ

☆やはり凛子の初恋は俺だったようだ☆

 

 

磯山和人

主人公。射精障害。発達障害。年齢不詳。詩人。

好きな食べ物はマイスリー睡眠導入剤)。

最近の悩みはオナニーするときに肛門と乳首を同時に弄るには手が1本足りないこと。

趣味は障害者料金で平日昼間から映画を観ること。

幼少期から施された管理教育に反発し、小学生で万引きを咎めた駄菓子屋を放火、中学生で左翼教師を独自の憂国論で論破、高校生で大隈講堂爆破など、己の思うがままの人生を歩んできた無頼漢。大学受験の無意味さを痛感し、現在は深谷市フリーターをしている。

アルバイトは思い立ったらすぐバックれた挙句、労働基準監督署に虚偽の通報を繰り返しているが、深谷市にある全てのセブンイレブンの汚物入れから使用済みナプキンを回収するのを密かな目標にしている。

 

小早川凛子

ヒロイン。CV:丹下桜。高校一年生。

国民的恋愛ゲーム「ラブプラス」の登場人物。

趣味は読書と洋楽鑑賞。

好きな作家はサリンジャー

磯山が己の妄想の中で全てを捧げ愛した女性。

かつてある出来事をきっかけに、磯山との蜜月の関係はあっけなく終わりを迎えていた。

長らく周囲の人間から架空の存在か妄想の産物だと思われていたが、紛れもない生身の肉体を持った寸分違わぬ容姿の女性が、ある日突然彼女を名乗って深谷市にあらわれる。

 

東野猛

磯山の幼馴染。真理人。ゲルタ者。

好きな食べ物は二郎系ラーメン。

好きな騎士はアマディス・デ・ガウラ。

思い姫は声優の上坂すみれ

趣味は脱法ハーブを吸引しながら音楽を作ること。

寺の息子だが唯一神を信仰しながら真理探究に勤しむ当世最後の傑物。

磯山とは幼い頃からの親友だったが、磯山がエラフトで日根野準優勝したのに部活を辞めてしまった事件をきっかけに、わだかまりが残っている。

早稲田大学を卒業後、日々の糧に困らないながら社会勉強のためにある企業に就職した。だが信仰の破棄を迫られ真理の毀損を仄めかされたため、社長重役先輩社員全てを日本刀で惨殺したのち出奔。

現在は秘密裏に造営した深谷サティアンに潜伏し大衆を扇動するための工作活動を行っている。

 

内藤裕也

磯山と東野の幼馴染。名誉健常者。

問題児である両名に比べ健全としか言いようがない、深谷きっての常識人。

ギャルゲーではよく報われないヒロインに同情してしまう。

磯山と東野の薬物中毒と反社会的行動を常に心配し、忠告を繰り返す。

 

ふっかちゃん

深谷市公認のマスコットキャラクター

好きな食べ物はネギとビール。

趣味は影の薄いゆるキャラをネットの晒し者にすること。

ゆるキャラグランプリに幾度となく出場。離間工作、組織票、同盟破棄、脅迫等の悪辣な策を弄して優勝を宣言しながら毎年敗北しているため、カンパ金詐欺ではないかと噂されている。

実績に不相応なまでの権力を握り、地下アイドルくずれの女性をカキタレ扱いしてもてあそぶ真性の畜生。中の人は意外な人物らしい。

 

清浦圭吾

磯山の宿敵。異常性欲者。多浪生。人格障害

趣味は洋ロリの全裸写真をネットで拾ってコレクションすること。

毎年センター試験の朝に女子高生に痴漢するためだけに浪人を繰り返す人間の屑。

大阪の裕福な家庭に生まれたが、極度に肥大化した自尊心、異常な執着心からSNSで関わった人間に嫌がらせや粘着を繰り返している。

受験をろくに経験していないのになぜか学歴コンプレックスに悩まされている。

凛子のロリ体型に邪な欲望を抱き、そのあとをつけまわして素性を探ろうとするが……。

 

無題

警視庁公安部に秘密裏に拘束されていたI氏(仮名)を救出する目的で行われたヤクーツク-深谷間での長期間にわたる隠密行動に従事していたため、ブログを更新できませんでした。

 

とりあえず取り急ぎ。

 

 

追伸*

I氏は亡くなりました。

世界に一つだけの花

マッキーが捕まった原因はシャブではなくケシだった……?

怒りのピークは6秒

普段は冷静な人間でも、突発的な事態に見舞われると感情的になってしまうことがあります。

「感情的になるな」と言われても、人間は感情の動物です。

そんなこと言っている人も、感情的になって相手を制するためにそんな発言をしているのです。

そういうものです。

 

人を衝き動かす感情、喜怒哀楽のうちで最も抑制しづらいのはやはり「怒」です。

怒髪、天を衝くというように。怒りのパワーはまさに瞬間湯沸かし器。

 

僕も普段はそれほど感情的にならないようにしている方で、電車で池沼が話しかけてきても笑顔で返したり(僕は同類と思われているのかよく隣に座られる)しています。

そんな僕でも、世界一のオンラインゲーム〝LoL〟をプレイ中にクソボケ外人が脳に障害があるとしか思えない言動をとったときには思わず強い怒りを感じてしまい、高級キーボードのタイピング性能と稚拙な英語力をフルに活かして高速罵倒チャットを始めてしまいます。

 

怒りは感情の中で最も激しいものですが、同時に最も持続しないものでもあります。

その日とても腹立たしいことがあり納得のいかない思いを感じていたのに、寝て起きるとすっかり落ち着いてて、「なんであんなに怒っていたんだろう?」と感じた経験は誰しも少なからずあるでしょう。

 

特に頭に血が上ったような瞬間的な怒りの場合、その苛烈さもさることながら冷えるのもまた速いのです。

そのピークはなんとたったの6秒。

射精の快感が持続する時間よりは少し長いか?くらいですね。

よくある衝動的な殺人や暴行事件は、おそらく相手を殺したくなるくらいの怒りを感じてからのこの6秒間に行動に移されているのでしょう。ドラマでもよくある灰皿ガツーンはまさにそれ。

 

確かに憤怒のボルテージは凄まじい。

実は誰だって人を殺してしまってもおかしくはないのです。

京極堂の言う「通り物」にもこれが含まれているのでしょう。

 

しかしそこでグッとこらえる。

全力で打ち消そうとする。

別のことで思考を上書きする。

 

そうすることで、人を殺さないで済むのです。

6秒。

そう、たったの6秒ですが、これが実に長い。

怒りという本能に訴えかける暴力的な感情に囚われている中で、この6秒は永遠とも感じられます。

 

しかもこの怒りを暴言や八つ当たりなどで半端に消化してしまうと、勢いは弱まるが持続時間が長い感情である「憎しみ」に変化してしまいます。

これはいけません。

6秒間、全力で怒りと戦いましょう。そして必ず勝利しましょう。怒りを逃がしてはいけない。怒りに囚われた自分を許してはいけない。

 

 

僕にもつい先日、この6秒間は訪れました。

世界一のオンラインゲーム〝LoL〟をプレイ中に、ガイジ外人の下らない舐めプで大逆転負けをした直後のことです。

 

ガイジ外人「this team」

 

!? 

 

1秒後にリモコンを手に取り

2秒後にテレビに駆け寄り

3秒後から全力で画面を殴りはじめ

6秒後には叩き割りました。

 

全力で、テレビを叩き割りました。

NTRを求め続けているのは、俺一人ではない!

蒼天航路好きでした。

魏が贔屓されているとはいえ面々のかっこよさが極まっている。

ちなみに僕は賈詡が好きです。

離間の計のときのしたり顔が好きです。

射精の快感と量

寸止めオナニーを長年愛好してきた経験からすると、射精までにかけた時間に比例して快感と射精量は増えていきます。

ただし、一定のレベルまでです。

ある一定の時間を越えると、快感は横ばいで精液の量は増えるどころか減ってしまい濃度も下がります。

おそらく寸止めしすぎてカウパー液を出しまくると鈴口がガバガバになって精液が知らず知らず漏れてしまうのでしょう。

僕はオナニーのあとにどれだけたくさん射精できたかを毎回確認して、かつ楽しみに計測しているのですが、寸止めをやりすぎると浪費した時間以上に残念な結果が出てしまいます。

 

みなさんも気をつけてください。

寸止めは、計画的に。